交通事故

多い相談事例

「事故に遭ってしまった」「事故を起こしてしまった」

突然遭遇するのが交通事故。パニック状態になることもあるでしょう。とはいえ、事故後の対処は重要です。「過失割合に納得できない」「相手の保険会社から病院通いに対してプレッシャーをかけられる」そんなときはぜひご相談ください。

身体のケアが第一

ケガをした場合、完治を目指して治療することが第一です。まずはケガの治療に専念してください。

保険会社の提示額と裁判での提示額が違う理由

保険会社が定めた基準と裁判所基準は明らかに違う!

自賠責保険(車両所有者強制加入)の基準は一律です。保険会社によって違うということはありません。任意保険は、保険会社によって算定金額が違います。交通事故の後で相手方との交渉にあたるのは保険会社のスタッフ。あくまでもお互いの会社の基準で話し合い、折り合いをつけ、被害者加害者双方に提示します。裁判所の基準は、これまでの判例やデータの蓄積によって決められています。

裁判所基準で算定したほうが受け取る金額が大きくなる(相談者が被害者である場合)

任意保険会社の基準より、裁判所の基準のほうが高額になることが多いです。裁判という最終手段にいかなくても、弁護士が介入した時点で、保険会社が示談金を増額してくる場合もあります。

主婦の家事労働は任意保険の基準では算定外

例えば、パート労働者が交通事故の被害者となった場合、損害の算定に含まれるのは通常パート賃金だけです。が、裁判所基準で算定すると、家事労働に関しても算定の基準となり、受け取る保険金が増額されます。

相談のタイミング

早ければ早いほど納得のいく結果が

事故の状況を思い返して、自分の過失割合に納得できない、慰謝料の金額が少ない気がする。そんな思いを抱いて示談に応ずると、釈然としないものが残るものです。

保険会社の提示に納得できなかったら

弁護士を通したいと伝えてください。弁護士が介入すると裁判所基準が適用されることは保険会社もわかっています。その時点で慰謝料が増額される場合もあります。

依頼するメリット

裁判所基準での示談交渉ができる

弁護士が介入するだけで、保険会社が慰謝料金額を増額してくる場合が多くあります。保険会社も自分たちの算定基準が裁判所基準と異なっていると理解している証拠です。

状況によっては、自動車保険以外の保険を利用したほうがいい場合も

内容によっては、ご自身が加入している各種保険の内容のわかる書類のご準備をお願いすることもあります。
上手に保険を利用することで、事故によるダメージを最小限に抑えましょう。

交通事故問題での当法律事務所の特徴

ノウハウの蓄積があります!

数多くの事例を解決に導いてきた実績があります。そのノウハウを生かし、相談者が納得のいく金額に近づけます。

解決事例

保険会社提示額より金額が2倍前後になった例も。
特性上、等級を認定するのが難しい高次脳機能障害という後遺症が残った依頼者がおられ、保険会社と等級認定を当事務所が行ない結果、等級が上がり、当初より高額の慰謝料が支払われた。