2017.01.16更新

 週末の大雪、名古屋では久しぶりの大雪で大変でした。
 慣れない雪道のためか、ニュースによれば事故も多く発生したとのことです。
 事故に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。

 さて、事故に遭ってどうしたらよいのか分からない、という方もいらっしゃると思います。
 そこで、もし交通事故に遭ったら、ということで書いてみたいと思います。

 まず、自分が加害者(事故を起こした方)であるにしろ被害者(事故に遭った方)であるにしろ、警察に連絡して事故の報告をしてください。ちょっとした事故だからとか、痛みもないからといって、事故の報告をしないと事故証明がされないことがあります。
 事故証明がされないと、後日、事故の補償(けがの保証、車の修理など)を受けることができない場合や余分な手続が必要になったりして、補償が遅れるといったこともあります。
 また、加害者の場合、報告義務違反ということで道路交通法上の罰則を受けることもあります。
 警察への報告は必ずするようにしてください。

 次に、事故直後は身体に異常を感じなくても、医師の診断を受けるようにしてください。
 交通事故による身体への影響は、必ずしも事後直後に出るわけではありません。翌日や通日後から痛み出すということもあります。
 しかし、事故日から初診日までの時間があればあるほど、事故との因果関係に疑いをもたれることがあります。
 そうすると、事故との因果関係が認められず、補償を受けられないことにもなりかねません。
 事故に遭った場合、そのときには痛みはなくても、医師の診断を受けるようにしてください。

 そして、契約している保険会社へ事故に遭ったこと(加害者の場合事故を起こしたこと)の報告をしてください。
 事故を起こした場合はもちろん、事故に遭った場合でも保険を使うことはありますので、保険会社への連絡を忘れないようにしてください。

 事故を起こしてしまった方、事故に遭ってしまった方で、どうしていいか分からない、疑問点や不安な点について聞きたいことがある、そんなときはお気軽にご相談ください。
 ブログを見た方については初回相談は無料です。

投稿者: 加島法律事務所

2016.08.02更新

 みなさんこんにちは。
 さて、まずは近況から。
 昨年4月から愛知県弁護士会の民暴委員会委員長を務めています。
 民暴委員会とは、民事介入暴力対策委員会の略称で、暴力団等の反社会的勢力が民事紛争に介入してくることを防いだり、不当要求を拒んだり、暴力団員等から受けた理不尽な損害を回復するなどの手法を研究したり、また実際そのような被害に遭われた方々の権利回復を行う委員会です。
 また、昨年来より被害が急増した繁華街でのぼったくり被害回復の活動もしています。
 昨年に引き続き、今年度も愛知県弁護士会の民暴委員長を務めていますが、この6月から日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会の副委員長の仕事も務めることになりました。

 日本弁護士連合会、略して日弁連は、日本全国の弁護士会で構成された弁護士会の中央組織で、その日弁連にも、民暴委員会があるのです。日弁連の民暴委員会では、警察庁や最高検察庁の暴力団対策を担当する部門との研究会や、全国の暴力団情勢、民暴被害を防ぐ方策などを全国から集まった各地の民暴弁護士の皆さんと研究しています。
 そのほか、中部6県(愛知、岐阜、三重、福井、石川、富山)の弁護士会で構成される中部弁護士会連合会、略して中弁連にも民暴委員会があり、中弁連民暴委員会でも副委員長を務めています。
 弁護士の職務の中には、依頼者から受ける仕事(事件処理)もあれば、このような弁護士会での活動もあるのです。

投稿者: 加島法律事務所

2014.12.17更新

ブログ始めました!

投稿者: 加島法律事務所