クレーム対応

多い相談事例

根拠のない言いがかり

ハンバーガーを食べていたら太ってしまった。どうしてくれるんだ、とマクドナルドを訴えたアメリカの例のように、およそ責任の大半を背負う必要のない相手に因縁をつける場合。

苦情そのものはもっともだが、それに対する要求が常軌を逸している

「音がうるさい」「買ったものが壊れていた」等、もともとの非は認められるものの、それに対して「100万円支払え」「駅前で土下座しろ」等、常識を超えた謝罪やお詫びを要求される場合。

うやむやにしない、中途半端にしない

「こう言っておけば終わるから」など、うやむやな対応で済まそうとするのは間違いです。そういう相手はまた同様のクレームを言ってきます。

弁護士がすること

多くの場合、まず内容証明郵便で、行為をやめるように書いた書類を送付します。この時点で相手がおとなしくなることがほとんどです。それでもクレームがやまない場合の対応は、弁護士がいたします。

弁護士介入で相手が引っ込むことが大半

弁護士名義で書類を送付(内容証明)することで、大半の悪質なクレーマーはおとなしくなります。法律のスペシャリストが出てきたことで、これ以上はマズいと自制するからです。

その後の悪質なクレームも減る

悪質なクレーマーは「言いやすい相手かそうではないか」をよく見ています。弁護士が介入してくるところは、クレーマーにとっては「言いにくい相手」になります。同じクレーマーからのその後のクレームは激減することは確実です。

クレーマーと話さなくていい

弁護士に対応をお任せくだされば、イヤなクレーマーと直接話して気分を害することもありません。

依頼するメリット

理由のあるクレームには適切な対応を。理由のないクレームにはきっぱりとした態度を

すごまれるとどうしても気おくれして言いたいことも言えなくなるものですが、弁護士はそうではありません。理不尽なクレーム、悪質なクレームに対してはきちんと追及します。

クレーム対応における当法律事務所の特徴

長年の経験がモノを言う。ツボを押さえたクレーム処理

消費者を取り囲む諸問題に長年取り組んできました。相手の本当の狙いを察知し、飲み込まれないクレーム処理を行ないます。

クレーマーが反社会的勢力集団の場合

一般市民が立ち向かっても、よい結果は得られません。彼らとの戦い方を知っている弁護士にお任せください。