離婚

多い相談事例

親権、財産分与、慰謝料、DV……離婚に際して向き合わなければいけない問題はたくさんあります。

離婚して終わるのは、相手との結婚生活だけ

人生はまだまだ続きます。離婚後の人生を少しでもよりよく生きるためにも「きちんと離婚」をしましょう。

「離婚したい」「離婚を言い出された」

貴方の立場によって、アドバイスや取るべき手続きが異なります。
離婚とひと口にいっても、協議離婚、調停離婚、裁判離婚等離婚に至るまでの経緯はさまざま。弁護士に相談したからといって、必ずしも裁判離婚をしなければならないことはありません。お互いが納得して協議離婚できれば、そのほうがいいのです。まずはご相談を。

「すぐに暴力を振るわれ、冷静な話ができない!」

早急にご相談ください。これ以上、身体も心も傷つかないよう、できる限りのフォローをします。

離婚で傷つくのは大人だけじゃない

傷つくのは親だけではありません。子どもたちも傷ついています。少しでも子どもたちの傷が小さくて済むよう、その後の子どもたちの人生がよいものになるよう一緒に考えていきましょう。「どうしてやるのが子どもたちに一番いいか」そんな視点も忘れずに。

勢いで後先考えず離婚しないで

財産分与や親権、養育権、面会権等、肝心なことを話し合わずに別れてしまうと、後々大変です。必要なことは離婚前にきちんと取り決めておくことが大事です。子どもは後で引取りにくるつもりでまず自分だけ家を出てしまい、結局子どもを引き渡してもらえないという事例もあります。

相談のタイミング

離婚を考えたらまずご相談を

離婚のための法的手続きについてわかりやすく説明します。

「離婚したいといわれた」「離婚したい」

そのときにまずご相談ください。離婚を決意していらっしゃる方もいれば、決心がつきかねている方、相談しているうちに離婚を思いとどまる方もいらっしゃいます。離婚も修復も、その人自身が前向きに人生を歩んでいくための選択です。
「弁護士事務所に行ったら離婚を勧められるのではないか」「まだちょっと決めかねている」そんな気持ちも素直にお話しください。決して無理矢理離婚をお勧めするようなことはありません。相談者の人生を一緒に考える、そんな姿勢で皆様と向き合います。

相談するメリット

専門的な知識を持っている

離婚に際して、または離婚後の生活について、知っておいたほうがいいことや知らないと損をすること等、弁護士ならではの知識を駆使し、依頼者の今後をできる限りサポートします。

感情的にならずに話ができる

当人同士の話し合いはどうしても感情が先走ってしまうもの。第三者が加わることで、相手のことも自分のことも再度立ち止まって見直せます。

離婚問題における当法律事務所の特徴

オトコの眼、オンナの眼

男女1人ずつの弁護士がおります。男性、女性の両方の視点から、より広い視野で問題に対処します。「担当を女性に」「担当は男性で」等のご希望にも応えられます。