詐欺被害

多い相談事例-投資被害(先物取引)、オレオレ詐欺、出会い系詐欺等

「本当にウマい話なんてない」ことを認識する

被害後にお金を取り戻すことは、かなり難しいというのが現状です(まず戻ってこないと思ってください)。
相手はとても説明上手。できる限りリスクを小さく、リターンを大きく話します。

「この話は貴方だけにする特別な情報です」が常套句

そんな話は実在しません! なぜ貴方が選ばれたのか、冷静に考えてみてください。相手は「貴方を儲けさせてくれるいい人」ではありません。「貴方を騙そうとしている悪い人」です。

その取引の仕組みを本当に理解しているか?

例えば株取引は違法ではありません。法に基づいたルールに則って取引が行なわれ、その結果儲かる人もいれば損する人もいる、という正当な取引です。が、「株と同じですよ」と持ちかけられる話で、株と同じものはありません。どこかに抜け穴があって、貴方が損をするシステムになっています。

「絶対儲かりますよ」はあり得ない

絶対儲かるなら、誰にも教えずに自分でこっそり儲けると思いませんか? なぜ、その話が自分のところに来たのかを冷静に考えてみましょう。

相談のタイミング

泣き寝入りしないで!

昨今、特に高齢者をターゲットとした詐欺被害が増加しています。判断力の低下した相手に物品を売りつけたり、販売の契約を取ったりする案件です。社会問題化しているこうした案件についても、経験豊富な当事務所にお任せください。手順を踏んで相手の違法性を追及します。

お金を振り込む前に!

お金を振り込んでしまったら、取り返すのはほぼ不可能です。お金を振り込む前にご相談下さい。

「こんな話があるけど、信じていいの」そう思ったらまず相談

私たちは、きちんとした商取引の話をさえぎるようなことはしません。ただ、うまい話に騙されてからでは遅いのです。騙される前に、第三者の専門家の意見として、私たちの知識を利用してください。

相談するメリット

煙に巻かれない

相手はとても口達者で、優しく話したり大きな声を出したりと人を丸め込むことにとても長けています。「こんな法律があって、こういう仕組みで……」と説明されることもありますが、実際には存在しない法律を勝手にでっち上げていることもあります。一般の人にはわかりづらいことを複雑に話すのは、彼らの手口です。難しい法律の話こそ、法律の専門家である弁護士にお任せください。

冷静に話ができる

損をしたお金のことが気になるのは当たり前です。一度損をすると、冷静さを欠き、相手の思うツボとなります。冷静に相手の矛盾点を突くためにも、第三者の存在は重要です。

二次被害、三次被害を防げる

昨今、一度詐欺被害に遭った人をターゲットに「この手続きで取り戻しましょう」とさらなる詐欺を仕掛けてくる犯罪が増加しています。最初に被害に遭った人は、ワラにもすがる思いでそんな言葉に乗ってしまうもの。でも、最初の被害時に弁護士が対応した方には、相手も用心して、二度目、三度目を仕掛けてくることはありません。最初に支払ったお金は取り戻せなくても、二次・三次被害は防げます。

詐欺を仕掛けてくる相手と素人がやりとりする危険を回避

詐欺集団のバックにはヤクザなどの反社会的勢力が関わっていることが多々あります。こうした相手に、一般市民が立ち向かうのはほぼ不可能です。交渉のコツをよく理解している専門家にお任せください。

詐欺被害における当法律事務所の特徴

消費者問題に特に注力してきました

経験豊富な当事務所は、できるだけ被害を小さくし、二次被害を防ぎます。

解決事例

高齢女性を相手にした先物取引による詐欺被害の訴えに対し、全額返金させた。